ダミーブックとは?

ダミーブックとはインテリアの装飾に使われる「偽物の本」のことです。
安価で取り扱いやすく使い勝手の良いデコラティブブックスとして一般家庭の飾り付けから商業施設の装飾にまで様々なシーンで使われています。
特に棚上や高層書架などの高い位置を飾る本には落下しても衝撃の少ない軽量のダミーブックが重宝されており、室内の景観を崩さず飽きの来ないデコレーションアイテムとしても人気です。

高層書架を飾る軽量のダミーブック
軽量で落下しても衝撃の少ないダミー本

日本ではインテリア用に使う偽物の本を「ダミーブック」「ダミー本」「イミテーションブック」と呼びますが、欧米では「faux book」「false book」「fake book」「replica book」と呼ぶことが多いです。

ダミーブックの形状には「本のデザインをプリントして折り曲げた物」「無地のページで製本された装飾用書籍」「本型の箱(ブックストレージ・ブックボックス)」「本型の置物」「本の背表紙の部分だけをカットした物」「アンティーク洋書の背表紙をモチーフに樹脂や木材で作った本型の建装材」など、簡易な物から精巧に作られた物まで色々なタイプがあり、インテリアに使用する本棚をプリントした壁紙(ウォールペーパー)などもダミーブックに分類されることがあります。

またインテリアデコレーション用に使うダミーブックとは別に写真やデザイン物などの素材を本の形にまとめて世界観を表現するアートにもダミーブック(ブックダミー)と呼ばれるものがあります。

Replica Books
Replica Books(レプリカブックス)の背表紙デザインを使えば、誰でも簡単にインテリア用のダミーブックを作ることができます。軽量のダミーブックがローコストで作れますので、ディスプレイ用の本が沢山必要な時にも便利です。